Column

大阪桐蔭&履正社撃破の原動力! 超高校級遊撃手・今坂 幸暉(大阪学院大高)のドラフト指名はあるのか!?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.06


今坂 幸暉(大阪学院大高)

全国トップレベルのショートとして評価される今坂 幸暉内野手(大阪学院大高)。昨夏の大阪大会で10打数7安打、1本塁打7打点の活躍で密かに注目を集めた。最終学年では多数の球団スカウトが視察する中、大阪桐蔭履正社を破る原動力となり、注目度は急上昇した。今回はそんな今坂の攻守に近畿大会のプレーから迫っていきたい。

まず打撃フォームの流れを説明すると、右足を開いたオープンスタンスで構えていき、バットのヘッドを投手方向へ大きく傾けて構えている。投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、右足をしっかりと上げてからまっすぐ踏み込んで打ちにいく。トップの動きを見るとまっすぐ引いて振り出すため、振り遅れはない。スイング軌道を見るとボールの下を叩くようにアッパー気味で振る。スイングスピードは非常に速く、軸のブレも小さい。捉える打球は非常に強い。ボールの見方もよく、コンタクト力が高い。
気になるのは、予備動作が多いため、ロスが大きく、槙野 遥斗投手(須磨翔風)の速球にワンテンポ遅れ、ファウルが多かった。そのため今坂は第2打席以降からアッパー気味からダウン気味のスイングに修正して投手に合わせていた。一打席ごとに修正を重ねられるのは良い点である。高打率を残しながら、三振が少ないのも理解できる。

守備の動きはかなり良い。一番目についたのは捕球してから送球に入るまでの持ち替えが非常に速いこと。関東の好ショートと比較しても、速い。スピード感があり、スローイングの強さも非凡なものがあり、深い位置からでも鋭い送球ができており、守備力は前評判通り超高校級だ。須磨翔風戦では5度の守備機会で無失策に抑えた。

今坂は「冬場に持ち替えの練習をずっとやってきました。そしてスローイングも力任せで投げていたところを、自分のリズムで投げられるようになり、それほど力を入れなくても強いスローイングができるようになりました。守備面では練習の成果が出せたと思います」と振り返った。

打撃はやや癖がありながら、修正能力が高いアベレージヒッター。守備はスローイング能力、持ち替えの早さを含め、一級品。ドラフト候補に挙がるショートと比較しても守備面でリードしている。また、打撃も対応力が高く、一打席ごとの工夫がフォーム、準備の仕方からも感じられ、試合数が多くなるリーグ戦で持ち味を発揮出来るタイプではないか。今でも十分に本指名クラスに入る逸材だと思うが、夏では上位に進出して好投手から文句なしのパフォーマンスを見せて、さらに評価を高めることを期待したい。

今坂 幸暉(いまさか・ともき)内野手
右投げ左打ち
苅田ボーイズ出身
178センチ80キロ

<関連記事>
◆【注目校紹介】大阪桐蔭、履正社撃破で大注目・大阪学院大高
◆【近畿大会】大阪学院大高が初戦敗退…プロ注目ショート・今坂は3打数0安打も無失策の好守備を披露!
◆【トーナメント表】春季大阪府大会 結果一覧
◆須磨翔風のドラフト候補右腕・槙野遥斗<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>
◆【近畿大会注目選手】智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガー!

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.19

【山梨】20日に抽選会!県内10連勝の山梨学院が軸、日大明誠、駿台甲府が追う<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.19

【福島】日大東北が延長10回サヨナラ勝ちで優勝、全日程を終了<春季支部選手権大会>

2024.06.19

【熊本】20日に抽選会!熊本国府のほか、文徳、九州学院、専大熊本玉名にもチャンス<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.19

ノーシード大分商が初戦勝てばシード大分舞鶴と対戦、大分初の夏4連覇を狙う明豊は初戦で148キロ右腕と対戦も【2024夏の甲子園】

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.14

慶應&大阪桐蔭が四国の5チームに伝えた「全国で勝つための方法」とは!? 香川・徳島招待試合がもたらした財産

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!