Column

全日本大学選手権、今昔物語。華やかな1970~80年代、東北福祉大台頭の1990年代、群雄割拠の今は「確変ブレイク」選手をチェック【新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.3】

2024.06.11


東京六大学野球2024春季リーグ戦で優勝を決め歓喜する早稲田大の選手たち

音楽プロデューサーとしてCHEMISTRYやいきものがかりの結成・デビューなどで手腕を発揮する一方で、半世紀を超えるアマチュア野球観戦により野球の目利きでもある一志順夫。連載コラム「白球交差点」は、彼独自のエンタメ視点で過去と現在の野球シーンとその時代を縦横無尽に活写していきます。

全試合放送されるCSで幅広くウォッチ&チェックできる時代に

今年も全日本大学野球選手権の季節がやってきた。

最後の一枠となった東京六大学は早慶決戦の結果、我が母校早稲田大が久しぶりに出場を決め、まずはメデタシメデタシ。

東都大学リーグも終盤まで縺れに縺れたが、青山学院大が中央大を振り切り(前回で触れた佐々木が逆転決勝3ラン!)、なんとか連覇を狙える位置に立てた。

本大会は今年で73回目を数えるが、各地のリーグを勝ち抜いた精鋭が集結し、覇権を争うにしては、注目度はそれほど高くない。メディアの扱いも相対的に小さくなり、放送もCSのみというのが実状だ。以前はNHKが決勝戦を生中継していたが、1990年代になると深夜録画放送となり、気がつけば地上波からは完全撤退していた。もっとも、CS放送は全試合網羅しているので、個人録画含め幅広くウォッチ&チェックできるのは有り難いことではある。各リーグの格差もなくなり、地方リーグ代表も決勝にコマを進めたり、ドラフトに指名される選手も増えたので、全国の大学野球事情を俯瞰しながら、じっくりと堪能できる。

1970年代、東京六大学は早慶戦以外もNHKで生中継されていた

今では考えられないが、筆者が小学生の頃は、東京六大学は早慶戦以外のカードもNHKで全国に生中継放送されていた。ちょうど田淵 幸一(法政一-法政大-阪神)、谷沢 健一(習志野-早稲田大-中日)、荒川 堯(早稲田実-早稲田大-ヤクルト)らのいわば黄金世代がこぞってプロ入りした1960年代後半以降のことで、彼らと比べると小粒になったものの、早稲田大には金子 勝美(大宮、中日)、中村 勝広(成東、阪神)、慶應義塾大には松下勝実(清水東、松下電器=現・パナソニック)、山下 大輔(清水東、大洋=現・DeNA)、法政大には横山 晴久(小倉工、東映=現・日本ハム)、長崎 慶一(北陽=現・関西大北陽、大洋)、野口 善男(PL学園、大洋)、明治大には井上 明(松山商、三菱重工長崎)、樋野 和寿(松山商、日本鋼管)、立教大には横山 忠夫(網走南ヶ丘、巨人)などの綺羅星のスター選手が在籍、スタンドも学生中心に外野席まで埋まっていて、ブラウン管越しにも活気と華やかさが伝わってきた。

筆者が大学生時代の1980年代前半までは同様の雰囲気が残っていたと思う。それ以降、スタンドは閑古鳥が鳴く状況が続き、裏寂しさが漂った。鶏が先か卵が先かの話にはなるが、やはりスター選手の輩出と活躍がコンテンツとしての質と価値を担保する最適解になることは確かだろう。今春は久々に20万人を超える観客が来場し復活兆しがみえつつあるので、今後もなおいっそうの関係者の努力と知恵に期待したい。

ショッキングだった1973年の愛知学院大の決勝進出、エース・小林秀一は巨人ドラフト1位拒否

全日本大学野球選手権大会を最初にテレビ観戦したのは、1971年だったと思う。決勝は亜細亜大対法政大。亜細亜大はエースの山本 和行(広島商、阪神)が強力法政打線を手玉にとって7対4で優勝したが、東京六大学と比べ馴染みの薄い東都大学リーグのチームが勝利したのが解せなかった記憶がある。それほど両リーグには人気格差があったのだ。翌1972年は関西大の山口 高志(市立神港=現・神港橘、松下電器-阪急)が「元祖火の玉ストレート」で慶應義塾の強力打線を抑え込み、1対0で優勝し一躍その名を全国に知らしめた。

1973年はそれ以上にショッキングで、愛知学院大という聞いたこともないチームが決勝に進出、変則サイド・ハンドのエースが、藤波 行雄(静岡商、中日)、佐野 仙好(前橋工、阪神)、行沢 久隆(PL学園、西武)を擁す中央打線に牙を剥いた。決勝は0対3で敗れたもののこの無名投手は、なんとその年巨人からドラフト1位指名され、1位指名では球団史上初となる入団拒否をした小林 秀一(八代第一=現・秀岳館、熊谷組)であった。余談だが、先述した明治大の樋野も中日の5位指名を拒否、これは松山商時代に阪神からの6位指名を蹴ったのに続く2度目の入団拒否となった。また巨人は小林に続いて2位指名の黒坂 幸夫(糸魚川商工=現・糸魚川白嶺-鷺宮製作所-ヤクルト)、3位の中村 裕二(柳川商=現・柳川-法政大-住友金属)にも拒否され波紋を呼んだ。

【次のページ:1991年の東北福祉大優勝で勢力図に変化も、金本の広島4位指名にはビックリ】

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

【栃木】19日に抽選会!白鷗大足利・昆野と作新学院・小川の右腕2人が大会をリード<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.18

激戦区・兵庫の組み合わせ決定!センバツ準V報徳学園は舞子と明石北の勝者と、3連覇狙う社、プロ注目右腕・槙野遥斗擁する須磨翔風など注目校の初戦は!?【2024年夏の甲子園】

2024.06.18

昨夏甲子園出場の東海大星翔進路紹介!遊撃手は阪神、エースは専修大、主将はレギュラーとして大学選手権出場!

2024.06.18

【茨城】19日に抽選会!県内12連勝中の常総学院に対抗するのは?<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!