試合レポート

“謎の横断幕”が目を引く目白研心、盤石な戦いで3回戦進出【24年夏・東東京大会】

2024.07.11


ユニークな、目白研心の横断幕

今年の東東京大会1回戦では、屈指の好カードと目されていたのが、目白研心都立文京の一戦だった。前半は0対0と緊迫した試合を4対1で制したのは、目白研心だった。

【トーナメント表】夏の東東京大会 11日までの結果

2回戦、目白研心はこの試合が初戦となる都立三田が相手となった。

実は、今春の一次ブロック予選でも両校は当たっており、この時は目白研心が11対0とコールドゲームで制している。その勢いで目白研心は、高輪も下して本大会に進出した。本大会でも立川、都市大高と下して、シード決めとなる3回戦でセンバツ帰りの関東一に2対4で敗れたものの、いい感触を得て夏を迎えていた。
この夏も目白研心には初戦は難敵・文京に競り勝った勢いがある。

ところで、同校の応援スタンドには、謎の横断幕が掲げられている。
<あと少し、低く>
と書かれているのだ。
鈴木敦史監督によると、「低い姿勢で謙虚な気持ちでいよう」というところから始まって、「野球では低い打球を打っていこう、とか、低い姿勢で球を捕りに行けというような指示も多いので、この言葉になった」と説明してくれた。

話を試合に戻そう。目白研心は、初回に連続四球で貰ったチャンスを併殺打で潰しかかったところだったが、4番大原 匠揮内野手(3年)の左前打で先制する。ただ、そこから次の得点がなかなか得られず、ちょっと歯がゆい展開となっていった。
都立三田の平野 慎一投手(3年)も度胸よく投げ込んできており、「実は、春のブロック予選で対戦した時も、最初は打ちあぐんでいたので、そう簡単にはいかないだろうという思いはあった」(目白研心・鈴木監督)という。

そんな状況も5回に打破。有我 悠翔外野手(3年)の二塁打から好機を広げて2点追加。さらに、6回にも鈴木 冬真投手(3年)の三塁打などで2点を追加。このままコールドゲームに持っていきたい展開となったが、7回は2失策などでチャンスを貰いながらも決めきれず。ようやく8回になって、四球と失策から満塁の好機を得て、最後は1番湯本 遼太外野手(3年)の中前打で試合は決着した。

都立三田は、登録選手が10人。さらには熱中症気味の選手も出てくる中で何とか試合を乗り切ることができた。結果としては8回コールドゲームということになってしまったけれども、平野 慎一投手(3年)の健闘は十分に称えられていいであろう。

【関連記事】
◆【24年夏・東東京大会展望】
◆【一覧】東京都注目投手・野手リスト
◆部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】
◆都立高島が伝統校・戸山を下し、初戦突破!【24年夏・東東京大会】
◆下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】
◆【24年夏・西東京大会展望】

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.12

校名が消える……プロも輩出・塔南最後の夏はコールド発進!140キロ右腕2人を擁する好チーム「甲子園に名前を刻みたい」【24年夏・京都大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】